Open Nav
  1. TOPページ
  2. CLINIC NOTE No.157 2018 Aug 8月号 短頭種の好発疾患:後編

画像をクリックして拡大イメージを表示

CLINIC NOTE No.157 2018 Aug 8月号 短頭種の好発疾患:後編
《00081808》


販売価格: ¥ 3,353円(税込)


獣医学の“標準診療”を学ぶ総合情報誌 月刊「CLINIC NOTE」

◆ホームドクターに求められる“標準診療”を解説!(もちろん+αもあり)
◆遭遇頻度が高い疾患を中心に掲載。診療に迷ったらすぐにクリノへ!!
◆フローチャート・表・写真を多用した、“見てすぐ覚える・使える”誌面構成


本誌の一部をご試読いただけます。
iPad・iPhoneをご利用の方はクリック後、専用ビューアー[ActiBook]のダウンロードへお進みください。

WEB MOVIE
8月号関連の動画がご覧いただけます。



※8月号に掲載されているID/パスワードを入力しご覧下さい。
※配信期限は2019年7月末日とさせていただきます。


【特集】
短頭種の好発疾患:後編
●眼科/監修:小林義崇(アニマルアイケア・東京動物眼科醫院)
④ドライアイ/宇佐美研介
⑤角膜潰瘍/神部直樹(東京農工大学動物医療センター)
⑥眼球脱出/稲垣真央
●耳科
・皮膚から考える短頭種の外耳道炎/柴田久美子(DVMsどうぶつ医療センター横浜)
・短頭種の内耳疾患/中島裕子(DVMsどうぶつ医療センター横浜)
●皮膚
・短頭種に好発する皮膚疾患-深在性膿皮症、皺壁の炎症-/石田琳瑛(オアシス動物病院)

【連載、TOPICS】
●呼吸器・循環器のエマージェンシーケア
第5回 胸水貯留/川瀬広大(札幌夜間動物病院)
●スクリーニング検査からの疾患予測
第10回(最終回)糞便検査/大森啓太郎(東京農工大学)
●循環器科の診療室
第12回 心膜液貯留/執筆:水野壮司、監修:上地正実(JASMINEどうぶつ循環器病センター)
●病院に勤めはじめた生理学者の「内分泌」
第20回 甲状腺嚢胞の話/米澤智洋(東京大学)
●絶対に覚えておきたい!ウサギの診療ポイント
第25回 ウサギの眼疾患(解剖と検査法)/加藤 郁(加藤どうぶつ病院)
●次回予告/奥付


出版:インターズー
サイズ:A4判 116頁
発行年月日:2018年8月1日