Open Nav
  1. TOPページ
  2. CLINIC NOTE BOOKS 3ステップで考える犬と猫の神経疾患の診断アプローチ

画像をクリックして拡大イメージを表示

CLINIC NOTE BOOKS 3ステップで考える犬と猫の神経疾患の診断アプローチ
《10003976》


販売価格: ¥ 14,300円(税込)


“とりあえずMRI”に終止符を!最短でゴールにたどり着くアプローチが身につく!

<気になる内容は?>
本書の詳細はこちらをご覧ください!

「なんとなく、おかしい」では、適切な診断プランは立てられない!
神経疾患の診断をロジカルに進めるためのアプローチ方法を、病変の部位ごとに3つのステップで分かりやすく解説!ホームドクターが活用できる情報が満載です!連載時から3章を追加し、更にボリュームアップ!
言葉で表現できない神経症例は豊富な動画で確認できます!

本誌の一部をご試読いただけます。こちらをご覧ください。
《iPad・iPhoneをご利用の方へ》
閲覧するためには専用ビューアー「ActiBook]のダウンロードが必要です。
iPad・iPhoneからアクセス後、【立読みをする】をクリックし、案内に従ってダウンロードを完了してください。
以降立読み、およびインターズーライブラリーでのご利用が可能になります。


<目次>
編著者まえがき 神志那 弘明
◆第1部 総論
 第1章 診断の進め方
 第2章 step1 問診から得られる情報
  症例1
 第3章 step2 観察から得られる情報①
  症例2
 第4章  step2 観察から得られる情報②
 -歩様検査-
  症例3
 第5章  step3 神経学的検査から得られる情報
  症例4
  症例5
 第6章  神経学的検査の手技
◆第2部 各論
 第7章  頭蓋内疾患へのアプローチ① -前脳病変-
  症例6
 第8章  頭蓋内疾患へのアプローチ② -小脳病変-
  症例7
 第9章  頭蓋内疾患へのアプローチ③ -脳幹病変-
  症例8
 第10章  前庭疾患へのアプローチ
  症例9
 第11章  顔面神経麻痺と三叉神経麻痺への
 アプローチ
  症例10
 第12章  脊髄疾患へのアプローチ①
 -C1-5の病変-
  症例11
 第13章  脊髄疾患へのアプローチ②
 -C6-T2の病変-
  症例12
 第14章  脊髄疾患へのアプローチ③
 -T3-L3の病変-
  症例13
 第15章  脊髄疾患へのアプローチ④
 -L4-S3の病変-
  症例14
 第16章  末梢神経系疾患へのアプローチ
  症例15
 第17章 排尿障害へのアプローチ
◆第3部 注意が必要な疾患
 第18章 猫の神経疾患へのアプローチ
  症例16
  症例17
  症例18
  症例19
  症例20
 第19章 神経疾患と間違われやすい疾患
  症例21
  症例22
  症例23
◆第4部 チャレンジしたい やや難しい症例
  症例24
  症例25
  症例26
  症例27
  症例28
  症例29
索引


編著:神志那 弘明
仕様:A4判/並製本/248頁
ISBN:978-4-89995-936-6
発刊日:2017年11月1日