Open Nav
  1. TOPページ
  2. VETERINARY ONCOLOGY No.17(2018年1月号) 腫瘍別プロトコル解説集 抗がん薬の組み合せを理解する!

画像をクリックして拡大イメージを表示

VETERINARY ONCOLOGY No.17(2018年1月号) 腫瘍別プロトコル解説集 抗がん薬の組み合せを理解する!
《00141801》


販売価格: ¥ 6,318円(税込)


小動物腫瘍科専門誌

10%OFFキャンペーン開催中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
定価:6,500円(税別)
キャンペーン特価:5,850円(税別)
※2018年5月末日まで

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


VETERINARY ONCOLOGY1年定期購読ご契約【紙版】にて「No.17(2018年1月号) 腫瘍別プロトコル解説集 抗がん薬の組み合せを理解する!」を1冊サービスいたします!
VETERINARY ONCOLOGY定期購読のお申込みはこちらをご覧ください。

がん治療と向きあう先生方に最大のエールを!!
VETERINARY ONCOLOGY誌面刷新!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
より一次診療で役立つ
“一次診療でできることは、まだまだ増やせる!”もう一歩踏み込んだ役立つ情報を!
より実践的で現場主義
できること、やるべきことを明確にし、「がん治療」に関わる全ての獣医師に価値のある情報の提供を!
VETERINARY ONCOLOGYは現場で使える価値のある情報をご提供するべく、パワーアップいたしました!
詳しくは、こちらをご覧ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


本誌の一部をご試読いただけます。こちらをご覧ください。

《iPad・iPhoneをご利用の方へ》
閲覧するためには専用ビューアー「ActiBook]のダウンロードが必要です。
iPad・iPhoneからアクセス後、【立読みをする】をクリックし、案内に従ってダウンロードを完了してください。
以降立読み、およびインターズーライブラリーでのご利用が可能になります。

【編集委員】
伊東輝夫(青葉動物病院)
入江充洋(四国動物医療センター)
近藤広孝(日本大学)
瀬戸口明日香(ベイサイド アニマル・クリニック)
高木 哲(北海道大学)
細谷謙次(北海道大学)

【編集アドバイザー】
廉澤 剛(酪農学園大学)
髙橋朋子(日本大学)
※50音順

【特集】
がん患者にもっと何かしてあげたいと悩んでいる先生のために、良質の医療と最新情報を取り上げ、患者のQOLを向上させます。

【連載】
エビデンスに基づく『診療ガイド』、イラストで解説する局所解剖学と手術手技、症例で学べる抗がん薬の投与量など、臨床目線での内容。

【マルチユース型獣医学情報誌】
■「紙」と「電子」のマルチデバイス対応
■デジタル版は限定ページ「Digital Premium」でより深い知識を習得
※デジタル版は定期購読のみのご提供となります。


■目次
【特集】
腫瘍別プロトコル解説集 抗がん薬の組み合せを理解する!

監修:細谷謙次
監修にあたって/細谷謙次
1. 多中心型リンパ腫(犬)/大参亜紀
2. 消化器型リンパ腫(犬・猫)/井手香織
3. リンパ腫(猫)/松山富貴子
4. リンパ腫(レスキュー療法)/瀬戸口明日香
5. 肥満細胞腫 /丹羽昭博,廉澤 剛
6. 多発性骨髄腫 /下田哲也
7. 骨肉腫 /髙橋朋子
8. 血管肉腫 /越野明子
9. 間葉系悪性腫瘍/越野明子
10.上皮系悪性腫瘍(膀胱・生殖器以外)/伊東輝夫
11.組織球性肉腫 /高橋 雅
12.膀胱・前立腺癌 /高橋 雅
13.卵巣・精巣腫瘍 /吉川竜太郎,森 崇
14.インスリノーマ/松木直章

【連載】
■ 抗がん薬治療の実際 ~薬用量の決定と有害事象への対応~ 第5回
犬の血管肉腫/金井詠一
犬の心臓血管肉腫/遠藤能史
Doctor’s VOICE 監修者からのコメント/瀬戸口明日香,細谷謙次
■VETERINARY ONCOLOGY編集委員会編『腫瘍診療ガイド』
編集主幹:伊東輝夫
犬の皮膚肥満細胞腫①/伊東輝夫,小島健太郎

■学会レポート
『2017 ACVP & ASVCP Concurrent Annual meeting:米国獣医病理学会』レポート
『第38回 動物臨床医学会年次大会』レポート
『2017年秋季合同学会/第95回日本獣医麻酔外科学会・第107回日本獣医循環器学会』レポート

次号予告


出版:インターズー
サイズ:A4判 142頁
発行年月日:2018年1月25日