Open Nav
  1. TOPページ
  2. CLINIC NOTE No.151 2018 Feb 2月号 臨床麻酔のベストプラクティス:後編

画像をクリックして拡大イメージを表示

CLINIC NOTE No.151 2018 Feb 2月号 臨床麻酔のベストプラクティス:後編
《00081802》


販売価格: ¥ 2,962円(税込)


獣医学の“標準診療”を学ぶ総合情報誌 月刊「CLINIC NOTE」

雑誌バックナンバー10%OFFキャンペーン開催中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
定価:3,048円(税別)
キャンペーン特価:2,743円(税別)
※2019年1月7日まで

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


CLINIC NOTE定期購読のお申込みはこちらをご覧ください。

◆ホームドクターに求められる“標準診療”を解説!(もちろん+αもあり)
◆遭遇頻度が高い疾患を中心に掲載。診療に迷ったらすぐにクリノへ!!
◆フローチャート・表・写真を多用した、“見てすぐ覚える・使える”誌面構成

本誌の一部をご試読いただけます。こちらをご覧ください。
《iPad・iPhoneをご利用の方へ》
閲覧するためには専用ビューアー「ActiBook]のダウンロードが必要です。
iPad・iPhoneからアクセス後、【立読みをする】をクリックし、案内に従ってダウンロードを完了してください。
以降立読み、およびインターズーライブラリーでのご利用が可能になります。


Web Movie Information151号関連の動画がご覧いただけます。

動画はこちらから!

※151号に掲載されているID/パスワードを入力しご覧下さい。
※動画配信期限は2019年1月末日とさせていただきます。


【特集】
臨床麻酔のベストプラクティス:後編
監修:伊丹貴晴(北海道大学)

⑤ 麻酔記録と五感を用いたモニタリング
/酒井俊和(藤田保健衛生大学)
⑥呼吸器モニタリング
/勢籏幸子(東京動物眼科醫院・目黒どうぶつ画像診断センター)
⑦循環器モニタリング
/遠藤雄介(酪農学園大学)
⑧麻酔覚醒
/伊丹貴晴(北海道大学)

【連載、TOPICS】
●呼吸器・循環器のエマージェンシーケア 第2回
心肺蘇生法:CPR②
/川瀬広大(札幌夜間動物病院)
●スクリーニング検査からの疾患予測
第7回 実際の臨床データを用いた実践編 パート1
/大森啓太郎(東京農工大学)
●消化器疾患の見極め「嘔吐・吐出」
第10回 消化管のはじまり「口腔」 痛みを呈する口腔内疾患
/白畑 壮(相模大野プリモ動物病院)
●循環器科の診療室
番外編 猫の心雑音
/執筆:原田佳代子、監修:上地正実
(JASMINEどうぶつ循環器病センター)
●病院に務めはじめた生理学者の「内分泌」
第17回 猫の医原性アジソン病の話
/米澤智洋(東京大学)
●TOPICS
腸内細菌叢と消化管疾患
プレバイオティクス・プロバイオティクスの可能性とは
/福島建次郎(コロラド州立大学)
●新薬紹介
次世代のノミ・マダニ駆除薬「シンパリカⓇ」~その革新的な薬効成分に迫る~
/浅井史敏(麻布大学)
●CASE REPORT
リキッドタイプのロイテリ菌投与による
犬の下痢症状の改善効果
/大森啓太郎(東京農工大学)
●特別対談
獣医療における予防医学のいま、そしてこれから
~ヒト医療の知見から考える~
/坂根直樹(京都医療センター 臨床研究センター)
/左向敏紀(日本獣医生命科学大学)


出版:インターズー
サイズ:A4判 128頁
発行年月日:2018年2月1日